ワーキングウーマンのためのイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2020 Winter」オンライン開催

女性活躍推進を後押しする取り組み「日経ウーマノミクス・プロジェクト」の一環として2014年5月にスタートしたワーキングウーマンのためのイベント『WOMAN EXPO』がオンライン開催される。

11月27日(金)には、各界で目覚ましい活躍を遂げた女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2021」の受賞者7人を発表。

11月28日(土)からは、13のセミナーを配信するほか(受講無料)、バーチャル展示ブースも公式サイト上で視聴でき、多彩なコンテンツを配信。

国際政治学者の三浦瑠麗さんは、「ジェンダートランスフォーメーション」の大切さを指摘。時給850円の非正規の立場を脱して、今のキャリアに至った経緯を振り返りつつ、20~30代の女性たちに「自分の価値の高め方」を提案します。鍼灸師でヨガ指導者の高村マサさんは、セミナー『東洋医学のチカラで不調を和らげる!おうちで体験!「カラダ巡りヨガ」』を実施。タレントで女優のMEGUMIさんはアイケアセミナーで「親にとっての、子どもの目の健康」を学びます。

また、ヨガクリエイターで、Syaraaya代官山主宰のayaさんは、デスクワークが増えたコロナ禍にもぴったりの、自宅ですぐに実践できるストレッチを実演します。

サンリオエンターテイメント社長の小巻亜矢さんは、コロナ時代の「キャリアと人生」への向き合い方を講演。アロマセラピストに転身した大橋マキさんは、自分らしさを失わず、心地よく生きるヒントを伝えます。ウツワ/KOHKOH社長のハヤカワ五味さん、ビビッドガーデン社長の秋元里奈さんという、2人の20代起業家によるオンライン対談では、「やりたいことは発信し続ける」というパワーワードが飛び出します。また、現在活躍中の女性リーダーたちが「withコロナ時代のリーダー術」など、これからの時代をしなやかに生き抜くためのヒントを紐解きます。『日経ARIA』の人気連載「昼スナックママに人生相談」の紫乃ママこと、木下紫乃さん(「スナックひきだし」ママ&ヒキダシCEO/CHO)は、「やりたくないことをやめる勇気」についてトークを繰り広げます。

会場に足を運んでリアルにブースを巡ることはできませんが、何時でもどこでも好きな場所から参加できるオンラインでの開催は、現代のニーズに即していると好評を博しています。また、多彩なコンテンツは12月6日(日)までオンデマンド配信中で、無料で見ることができます。

https://www.woman-expo.com