未婚男女が結婚相手に求めるものは性格の良さ!「結婚の理想と現実」に関する調査

『婚活KOKO』を運営する株式会社パッションは、30代~50代の結婚して10年以上の既婚男女と結婚願望のある未婚男女を対象に、「結婚の理想と現実」に関する調査を実施し結果を発表した。

「結婚相手に求めるものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『性格の良さ(79.0%)』という回答が最も多く、次いで『優しさ・包容力(68.2%)』『価値観の一致(59.5%)』『誠実さ(55.7%)』『人生観の一致(42.1%)』と続きました。

結婚相手の年齢の許容範囲を教えてください」と質問したところ、

『自分の年齢+-5歳まで(30.9%)』という回答が最も多く、次いで『自分の年齢+-10歳まで(30.3%)』『自分より年下であれば何歳でも構わない(15.5%)』『自分の年齢+-15歳まで(9.5%)』『自分の年齢+-20歳まで(5.7%)』『自分と同い年(3.6%)』『自分より年上であれば何歳でも構わない(3.0%)』と続きました。

「何のために結婚したいですか?一番の理由を教えてください」と質問したところ、

『一緒にいたい(24.1%)』という回答が最も多く、次いで『人生を豊かにしたい(21.2%)』『子どもが欲しい(14.2%)』『良き理解者が欲しい(13.3%)』『将来の安定(11.9%)』『苦楽を共にする相手が欲しい(10.8%)』『親を喜ばせたい(3.6%)』『世間体(0.8%)』と続きました。

「どのような結婚生活を求めていますか?」と質問したところ、

『夫婦共働き(21.6%)』という回答が最も多く、次いで『お金に困らない(21.0%)』『いつまでも手を繋いで歩ける(17.2%)』『ケンカしない(11.6%)』『一人の時間を尊重する(10.2%)』『家事育児は協力し合う(9.5%)』『隠し事をしない(5.3%)』『妻/夫は家庭に入る(3.0%)』と続きました。


「結婚相手に求めていたものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『性格の良さ(66.5%)』という回答が最も多く、次いで『優しさ・包容力(61.6%)』『誠実さ(45.2%)』『価値観の一致(43.8%)』『家庭的かどうか(28.7%)』と続きました。

「結婚した最大の理由を教えてください」と質問したところ、

『人柄に惚れた(37.7%)』という回答が最も多く、次いで『安定した生活を手に入れたかった(13.0%)』『良き理解者が欲しかった(12.8%)』『苦楽を共にする相手が欲しかった(12.0%)』『人生を豊かにしたかった(10.2%)』『子どもが欲しかった(5.4%)』『親を喜ばせたかった(3.4%)』『世間体を気にした(3.0%)』と続きました。

「パートナーの“許せるところ”を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『性格(44.2%)』という回答が最も多く、次いで『価値観(34.9%)』『仕事への姿勢(30.5%)』『金銭感覚(27.9%)』『年齢(26.9%)』と続きました。

「パートナーの“許せないところ”を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、

『金銭感覚(26.9%)』という回答が最も多く、次いで『性格(22.5%)』『価値観(18.7%)』『家事育児への姿勢(16.3%)』『人生観(11.6%)』と続きました。

「結婚の“理想と現実”のギャップは大きいですか?」と質問したところ、『非常に大きい(20.1%)』『大きい(29.1%)』と、『ギャップが大きい』と回答した方と、『意外と小さい(31.5%)』『ギャップはほぼない(19.3%)』と、『ギャップは小さい』と回答した方がほぼ半数ずつという結果となりました。


調査概要:「結婚の理想と現実」に関する調査

【調査期間】2020年11月25日(水)〜2020年11月26日(木)

【調査方法】インターネット調査

【調査人数】1,030人(既婚男女502人/未婚男女528人)

【調査対象】30代~50代の①結婚して10年以上の既婚男女②結婚願望のある未婚男女

【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


株式会社パッション:https://www.passion-koko.tokyo.jp/