小学生以下の子どもを持つ子育て世帯の約8割が、おうち時間の増加で“家族の絆”が深まったと回答

日清シスコ株式会社は、“家族の絆”について調査し結果を発表した。

子育て世帯である3歳∼12歳の子どもを持つ親を対象に「2020年以降、自宅で家族と過ごす時間は増えましたか?」と聞いたところ、85%の人が、「はい(増えた)」と回答しました。

また、「自宅で家族と過ごす時間は増えた」と回答をした人に対して、「自宅で家族と過ごす時間が増えたことによって、“家族の絆”が深まったと感じますか?」と聞いたところ82%の人が「はい(深まったと感じる)」と回答をしました。


<調査概要>

調査:日清シスコ株式会社

調査方法:インターネット調査

実施期間:2021年1月28日

調査対象:3歳∼12歳の子どもを持つ20~40代の男女989名