転職したい理由1位は「年収アップ」54.9%

正社員で長く働きたい女性のための転職サイト『女の転職type』は、女性のリアルな仕事観を調査するコンテンツ【データで知る「女性と仕事」】の第16回の調査結果をリリースした。

「転職したいと思った理由」を聞いたところ、1位は「年収アップ」(54.9%)。2位は「仕事内容が不満」(36.0%)、さらに「人間関係をよくしたい」(25.5%)と続きました。

「転職して良かった点」については「年収アップできた」(23.7%)が最も多く、転職の目的1位をかなえている人たちが多いことが分かります。2位は「スキルアップができた」(22.4%)、3位は「やりがいアップできた」となりました。

一方で「転職して後悔している点」は、1位が「年収が下がった」(21.9%)、2位は「人間関係がよくない」(18.4%)という結果となりました

「この人ちょっと信用できないなと思うのは、転職回数が何回以上の人?」と尋ねたところ、「転職回数は関係ない」が42.9%と最多に。次いで5回と回答した人が21.1%。10回以上と回答した人は11.3%でした。


(調査概要)

●調査内容:第16回「転職してどうだった?」|データで知る「女性と仕事」

●調査期間:2020年12月10日~12月20日

●有効回答数:789名

●調査対象:『女の転職type』会員

●調査方法: Web上でのアンケート


▼詳しくはこちらからご覧ください。

https://woman-type.jp/academia/discover-career/data/vol-16/